《The!Faithリアル vol.05》(後半) 広報企画部 野中さんの「好き」と「得意」を活かした仕事術

2019.03.26

 

こんにちは

日頃より、フェイスネットワーク広報ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

先日からはじまったこの企画 《The!Faithリアル》

【フェイスネットワークで働く人の“Work-Lifestyle(働き方・生き方)”】を通して、

フェイスネットワークが展開する事業やサービスを垣間見ることが出来る、

社員参加型のリアル連載です。

 

第5回目の今日は、広報企画部所属の野中さんに対するインタビューの後半

【広報企画部 野中さんの「好き」と「得意」を活かした仕事術】

をお送りしていきます。

————————————————-

<関連記事>

※《The!Faithリアル vol.04》

【(前半)野中×フェイスネットワークについて】記事はコチラ

 

※《The!Faithリアル vol.03》

【未来につながる新コンテンツ「hitocolor (ヒトカラー)」OPEN】記事はコチラ

→今回フォーカスしている広報企画部 野中さんが手掛けているコンテンツです

 

—–フェイスネットワークスタッフ02:プロフィール———————————-

◆名前:野中(のなか)     

◆所属部署:広報企画部

◆社歴:5年目

◆担当している仕事:

・賃貸物件情報サイト【三区MIRAIE】の企画・運営

・コラボレーション物件の企画提案、コネクター

・日本茶スタンドカフェ【八屋】のアートディレクション、撮影、執筆、挿絵作成

◆趣味:ライブに行くこと(主にjazz,インスト)

◆好き:犬、猫、馬、羊、アルパカなど。基本的に毛がもふもふした動物

◆特技:絵を描くこと

※野中さんイラスト 八屋「季節のくだもの茶シリーズ:早生みかん」

 

—-インタビュー———————————————————————-

◇広報

「お疲れ様です。今日はいよいよ後半です。前回の野中さん前半部分のおさらいですが、

野中さんは現在、広報企画部にて大きく3つの役割がありましたよね。」

 

◆野中

『はい、

1つ目は、賃貸物件情報サイト【三区MIRAIE】の企画・メディア運営

2つ目は、コラボレーション物件の企画提案、コネクター

3つ目は、日本茶スタンドカフェ【八屋】のメディア運営、アートディレクションを担当しています。』

 

◇広報

「そういえばこの広報ブログ《The!Faithリアル》で使用している各スタッフの似顔絵も、

野中さんが描いてくださっているんですよね。

もちろんまだ全員分は無いので、“実は私も描いて欲しい!”隠れファンも社内にいるようで。

私にも、似顔絵が欲しいがために広報ブログに登場したい!というオファーを3名いただきました。」

 

◆野中

『え、それは素直に嬉しいです。元々このスタッフの似顔絵は、私が運営している三区MIRAIEサイト“物件担当者コメント用”として、最初は描きためていました。社員が約150人いるので、全員分描くのはなかなか先が長いですが、喜んでもらえるのであれば引き続きがんばります。』

※野中さん作 スタッフの似顔絵(抜粋)

 

◇広報

「そんな多才な野中さんに質問です。どのような想いを込めて、担当している企画や作品をつくりあげていますか?」

 

◆野中

三区MIRAIEのHPは、賃貸物件探しはもちろん、その物件がある街の情報や、おしゃれなことに触れたいという方にも向けたコンテンツを作成して発信しています。』

 

◇広報

三区MIRAIEのHPは、弊社の魅力がぎゅっと詰まったサイトですよね。

例えば自社建築物件の“非公開入居者募集情報”を掲載していたり、

物件に住んだ後のLifestyleがイメージ出来るような城南3区(世田谷区、目黒区、渋谷区)の最寄り駅ごとの街取材記事を掲載していたり(What is 3区)、

アラサー女子向けリアル連載もはじまりましたね。

around 30 room.~私このままでいいのかな?~

ここにしかない貴重な情報が盛りだくさんのサイトなので、弊社のターゲット層でもある若者が住みたい街として不動の人気を誇る東急沿線エリア好きが“ファンになるようなサイト育成”をしっかり野中さんチームで運営ができているみたいで感心します。


その辺りが大手賃貸物件情報サイトとの大きな違いでもありますよね。」

三区MIRAIE 公式HP

 

◆野中

『はい。弊社が主に建築するエリアである城南3区(世田谷区、目黒区、渋谷区)に住みたい、20代~30代の女性をターゲットとした有益でリアルな情報を提供できるよう、日々ブラッシュアップしています。

また、担当している日本茶スタンドカフェ「八屋」の公式サイト&インスタグラムイメージが大切なので、分かりやすくテキストを沢山書いて説明するというより、目で楽しめることをまず大前提に作っています。もちろん、ブランドイメージに合わない文章を書いてしまったらファンになっていただけないと思うので、気をつけながら書いています。

どのサイトも、サイトを介して見てくれている方を想いながら作っていますね。』

 

◇広報

「なるほど。サイトを介して見てくれている方を想いながら作っているからこそ、野中さんの丁寧な想いが、八屋の公式HPやインスタグラムから伝わってくるのですね。納得です。」

※野中さん撮影 3月6日より期間限定発売中

「季節のくだもの茶シリーズ:紅ほっぺの抹茶ラテ・煎茶」

 

 

◇広報

「ちなみに野中さんは、仕事をする上でどんな時が嬉しいですか?」

 

◆野中

『嬉しい時…広報企画部は、直接お客様と会うことが少ないので反応がわかりづらい部署ですが、制作物などをより良いものを作ろうと追求することはきっとお客様にも会社にも社会にも良いことだと思うので、以前よりも良いものを作れたときには喜びを感じます。』

 

◇広報

「日々ブラッシュアップしていくことはとても大切ですね。では、仕事をする上で密かにしていることは何ですか?」

 

◆野中

『はい、“誰にでもできることを続ける“ということを日々心がけています。

具体的に言うと、混んでいるときはなるべく階段を使う。朝は余裕をもって出勤し、社内の共用部を整える。常にフットワークを軽く、上機嫌でいる。などなど、能動的でいることで自分のモチベーションUPにもつながるよう意識して行動しています。』

 

◇広報

「どれも簡単にできると感じがちですが、“続ける”ということが非常に難しいですよね。

意識して行動し続けている野中さんだからこそ、次々とチャンスを掴んでいるというわけですね。

今後やりたいことはありますか?』

 

◆野中

外部の活躍している人・企業面白いプロジェクトを企画、実行したいです。』

※野中さんが好きな物件:ルームズ三軒茶屋

 

◇広報

「外部に目を向けているあたりが野中さんっぽいですね。今後はその広い人脈を活かして、外部の新しい風をぜひフェイスネットワーク内に取り入れて、ぜひ新しい企画や面白いプロジェクトを実行してください。まずはサポーズデザインオフィスとのGranDuo上馬プロジェクからですね。固定概念のブロックを外しやったことがないことだからこそ、自由にチャレンジしていきましょう

チャンスは必ず全力でtry野中さんの更なる飛躍に期待しています!」

 

 

 

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

★編集後記★

野中さんは決して自ら前に出ていくような人柄ではないが、“静かに、存在が目立つ”という人格者である。そんな彼女がどうゆう想いで企画をつくり、「好き」と「得意」を活かした仕事をするための意識行動については、非常に興味深い内容だった。

また、“誰でもできる仕事“ではなく、彼女の「個」を活かした働き方は、ぜひ参考にしていきたい。

次回の【The!Faithリアル】は、3月末の公開を予定しております。

お楽しみに。

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||