PR BLOG

広報ブログ

フェイスネットワークならではの「プラン検討会」とは

2018.01.24

GranDuoをはじめとした新築マンションを作る際に、当社では1物件ごとに「プラン検討会」というミーティングを行っています。

 

このミーティングは、設計、工事、賃貸営業、売買、管理のそれぞれの部署から担当者が参加し、これから進んでいくプロジェクトのプランを話し合う場です。

 

 

現段階での完成予定の物件模型と詳細資料をもとに話し合い、この検討会の意見を設計に反映させて、より良い物件になっていくのです!

 

会議スタートは、まず、物件が建つ土地を仕入れた担当者より、仕入れ情報や決済日に関しての報告から。

 

次に設計担当者より、その土地の特長や周辺環境、戸数や面積、間取り、使用する素材など、どんな物件を予定しているかを説明します。

その説明を受けて、建築的な目線から確認や質問、認識のすり合わせを行い、次に住み手目線での改善点などを伝え、話し合います。

 

例えば、換気、給気の方法についてや区画処理、場所柄想定される問題やその改善策、幅の基準や設備の維持費用、クローゼットの広さや部屋の大きさ、梁、ダクト、室外機、過去に頂いたお客様からの要望などなど、他にもたくさんの重要なことを一つひとつ解決し、再考していきます。

 

1つのマンションをつくるには、建築の法律、住み手の使い心地、そしてコスト面も大事になってきます。そのすべてをクリアするために、プランの検討を重ねていくのです。

 

それぞれの部署の目線から話し合い一つの物件を創り上げていくので、正解を見出すまで時間のかかる作業になりますが、お客様に満足いただけるものを提供するために、日々力を合わせて頑張っています!