書籍のご紹介|3月

2015.03.18

時間の経過や体験の通過によって、同じ本でもずいぶん違った感触で滑り込んでくるものです。 私には「わからなさ」が少しだけ「判る」ようになってきた。という本がいくつかあります。 あなたの持っている本のなかにも「わからなかった」で眠っているものがありませんか?今日は、その本をもう一度開けてみてはいかがでしょうか。   2014年10月2日に幻冬舎さんより発行された「不動産投資を成功に導く高収益マンション実例20選」はムック本(フェイスネットワーク編集)としてアップデートした企画です。フェイスネットワークは設立から10年間で、城南3区にて72棟の不動産投資プロジェクトをプロデュースしてきました。 第1弾に「世田谷に利回り7%以上の新築RC一棟マンションを持とう!」、第2弾に「不動産投資は女性が選ぶ新築RCマンションで始めなさい」が発売されて3年目。十分に読んで何かを感じてもらえる書籍だと思い、もう一度丁寧に差し出してみようと思ったわけです。   私が改めて読み直した第1弾「世田谷利回り7%以上の新築RC一棟マンションを持とう!」。 釘付けとなり、自分たちの活動の基盤とするべく吸収しました。少し遠い場所から静かな視線で見つめることができたのかもしれません。そんな風に私は「わからなさ」が少しだけ「判る」ようになってきた。