《The!Faithリアル vol.19》【(前半)“利き酒“と”暗算“が得意!?現場監督1本の松井さん道】

2020.07.02

こんにちは

日頃より、フェイスネットワーク広報ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ジワっと人気のこの企画《The!Faithリアル》

【フェイスネットワークで働く人の“Work-Lifestyle(働き方・生き方)”】を通して、フェイスネットワークが展開する事業やサービスを垣間見ることが出来る、社員参加型リアルボイスお届け企画です。

 

第19回目の今日は、建築二部の松井さんにフォーカス!

【(前半)“利き酒“と”暗算“が得意!?現場監督1本の松井さん道】

をお送りしていきます。

 

————————————————————————————————-

◆過去記事◆《The!Faithリアル》

Vol.01 【中村×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.02 【中村さんが担当している“投資webメディア”運営の裏側!?】はコチラ

Vol.03 【未来につながる新コンテンツ「hitocolor (ヒトカラー)」OPEN】はコチラ

Vol.04 【(前半) 野中×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.05 【(後半) 野中さんの「好き」と「得意」を活かした仕事術】はコチラ

Vol.06 【(前半) 村田×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.07 【(後半) 村田さん独自の『仮想空間×眺望妄想設計術』について】はコチラ

Vol.08 【(前半) 金井×フェイスネットワークについて】はコチラ 

Vol.09 【(後半)金井さんの知られざる“特技”と、他社とは異なる賃貸営業の裏側!?】はコチラ

vol.10 【(特別続編)金井さんが今後“3区miraie”としてやってみたいこと&特に愛着がある物件はコレです!?】はコチラ

vol.11 【(前半) 鈴木×GrandStoryグランストーリー】はコチラ

vol.12 【(後半)鈴木さんの“ON/OFFの楽しみ方”】はコチラ

特別編 【社員食堂:毎日150円で食べられる!?~管理栄養士考案のバランスの良いランチ~】はコチラ  

vol.13 【(前半)木村さんと日本茶スタンドカフェ八屋の出会い】はコチラ

vol.14 【(後半)木村さんの「好き」や「特技」を活かした働き方】はコチラ

vol.15 【(前半) ひと癖ある敷地に挑み続ける!一級建築士小野田と“作品賞”x2はコチラ

vol.16 【(後半)小野田×フェイスネットワークについて】はコチラ

vol.17 【(前半) これぞ新卒の鏡!?賃貸3年生 矢野さん】はコチラ

vol.18 【(後半) 矢野×フェイスネットワーク】はコチラ 

————————————————————————————————-

 

では今日の本題

【(前半)“利き酒“と”暗算“が得意!?現場監督1本の松井さん道】について

 

—–フェイスネットワークスタッフ08:プロフィール—————————–

◆名前:松井(まつい)   

  

◆所属部署:建築二部

◆社歴:1年3ヶ月

◆担当している仕事:新築の現場施工管理(人や物を手配し、どうやるかを計画し、つくったモノをチェックする)

◆好きな○○:テニス、日本酒、川、やきとり、カラオケ、ねこ、プロレス

◆特技な○○:暗算、利き酒

 

 

—-インタビュー———————————————————————-

◇広報

「松井さんお疲れ様です。いつも現場にいながらも私たち広報が毎日発信する“広報ニュース”に温かい言葉で返信してくださる松井さんのことをもっと知りたい!と思い、今回このインタビューをオファーさせていただきました。なかなかお会いできないからこそ、今日はたっぷり!そしてじっくり深堀しながら松井さんの魅力をここでみんなに伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。」

◆松井

『よろしくお願いします。』

 

◇広報

「では、早速ですが松井さん、フェイスネットワーク歴はどのぐらいですか?」

◆松井

フェイスネットワーク歴は、1年3ヶ月ぐらいですね。』

 

◇広報

「では、フェイスネットワークに入社するまでの仕事歴を、簡単に教えてください。」

◆松井

『私はずーっと、“新築マンションの現場施工管理”をやっています。』  

配筋検査*配筋検査の様子*

 

◇広報

「松井さんのずーっとの年数を考慮すると、1つの分野のものすごいプロフェッショナルですね。」

◆松井

『いやいや。』

 

◇広報

「ちなみに、“新築マンションの現場施工管理について、わからない方もいらっしゃると思うので具体的にいうとどんなお仕事でしょうか。」

◆松井

『主に人や物を手配し、どうやるか計画し、造ったモノをチェックする仕事です。わかるかな?』

 

◇広報

「なるほど!わかりやすいです。イメージは、“現場監督”でしょうか。その現場監督の仕事一筋の松井さんですが、そんな風に、同じ仕事を継続したり、長く続けるコツがあればぜひ教えてください。」

 

◆松井

長く続くコツ…うーん、水曜と土曜の夜に自分へのご褒美として、外食としてやきとりと酎ハイを自分に与える事です。(家では毎晩晩酌していますが)

あとは、現場監督の仕事が他の人たちと違うのは、担当する物件に合わせて1年前後で勤務場所が変わるので、それを楽しむ事です。例えば、知らなかった裏道を発見できる、すてきな店や人を知れる、など、普段知り得ない事が知れたり、変化があるので続けていても飽きがこないですね。』

 

◇広報

「なるほど。自分にご褒美をあげること、変化を自ら見つけ、意識的に楽しむことが松井さんの継続のコツですね。これを読んでいる方もすごく参考になるアドバイスだと思います。では、そんな松井さんが現場監督を務めた GranDuo八幡山が4月に竣工しましたが、無事竣工した今の気持ちを教えてください。」

外観*黒がシックな印象のGranDuo八幡山

 

◆松井

『部長をはじめ、他の諸先輩方に教えてもらいながら、まず1棟大きな問題も無く終わったのでホッとしてます空気のきれいな場所へ、湯治に行きたいです。』

 

◇広報

「ホッとしますよね。松井さん、本当にお疲れ様でした。松井さんのような現場監督を含む現場の職人さんは、暑い日も寒い日も、雨の日も雪の日も、コロナ禍の中でも、変わらず日々現場を動かしてくださり本当に感謝しております。そのみなさま1人1人のおかげで無事1棟竣工することが出来るのですから蜂友会(ほうゆうかい)の方々にも感謝ですね。」

◆松井

『はい、竣工月の4月はコロナがピークで社内内覧会も中止となりましたが、現場スタッフの健康面も含め何事もなく竣工できて本当によかったです。』

 

◇広報

「それにしても松井さんは、自分のバランスをとることが上手ですね。日頃の自分へのご褒美は“やきとりと酎ハイ”をお店で楽しむこと、スペシャルなご褒美は、空気のきれいな場所への湯治など、自分とちゃんと向き合って生きているように感じます。ちなみに、松井さんが好きな温泉はどこですか?」

 

◆松井

「好きな温泉だと、北海道のニセコグランドホテルの混浴露天風呂です。これは、最高の景色ですね。1回しか行ってませんが、その時は、快晴で雪が積もっていて、絶景でした。

温泉ではありませんが、定期的に行くのは、舞浜シェラトングランデトーキョーベイの大浴場ですね。ホテルにあまり大浴場はありませんからね。20年以上毎年家族で行くほど気に入っています。

あとは、これも温泉ではありませんが、渓流が好きなので、奥多摩川沿いの離れのあるお宿です。もちろん、お酒はカニのマークでおなじみ、澤ノ井ですね。「蔵守」という古酒にはまってます。」

ニセコ*画像:ニセコグランドホテル公式HP引用

 

◇広報

「もちろん温泉も素敵ですが、20年以上家族サービスを続けている松井さんが素敵です。仕事も家族サービスも、松井さんは“継続”することが得意なんですね。では、話を戻しまして4月に竣工したGranDuo八幡山について、松井さん的こだわりポイントがあればぜひ教えてください。」

 

◆松井

“4枚の壁“がイメージの建物でしたので、壁のカドを通す!です。」

 

◆広報

「まさにそんな感じですよね(笑) 松井さんの言葉通り、外観は4枚の大きな黒い壁がそそり立ち、周辺とは全く異なるインパクトがある建物だと思いました。エントランスの右左で質感が全く異なる素材をつかって仕上げているところもおもしろいと思いました。」

階段*バルコニー壁ももちろん黒。駅近なのに緑が見えるのも贅沢◎*

 

◇広報

「そんなGranDuo八幡山”ですが、難しかった、苦戦したところがあれば教えてください。」

◆松井

基礎工事で地下水が少し出たのと、4枚の壁のうち3枚が直角じゃなく斜めだったところが難しかったです。』

 

◇広報

「それは大変でしたね。それでも無事竣工できたところは松井さんの長年の技ですね。」

◆松井

『照れますね。でもこれは本当に部長をはじめ、他の諸先輩方に教えてもらい、現場で協力し合いながらみんなで力を合わせたからこそできた作品だと思います。』

 

◇広報

「松井さんの温かい人柄が滲み出ていますね。そんな松井さんは利き酒が得意なほど大の日本酒好き?のようですね。時期的にコロナで現場スタッフとの打ち上げは出来ていないと思いますが、城南3区エリア(世田谷区、目黒区、渋谷区)でオススメの飲食店があればぜひ教えてください。」

◆松井

三軒茶屋であれば、銘酒居酒屋「赤鬼」「ウイム SAKE&TAPASあたりがオススメです。』

 

 

◇広報

銘酒居酒屋「赤鬼」は、地元でも有名な銘酒を100種類以上そろえている日本酒専門居酒屋として老舗なお店なんですね。さすが利き酒が得意な松井さん!ここなら利き酒し放題ですね。」

◆松井

『そうなんですよ。』

 

◇広報

「私も実は暗算と珠算1級なのですが、利き酒しながら暗算対決なんていかがですか?」

◆松井

『…絶対に負けません!』

 

◇広報

「ですよね。松井さんのその勢いにもう私負けそうです。ONとOFFで異なる魅力を持ち合わせるツッコミどころ満載な松井さんに、まだまだお話を聞いていたいところですが…今日はここまで!次回 後半では、現場の松井さんからみたフェイスネットワークについて、赤裸々に語っていただこうと思います。」

◆松井

『はい!よろしくお願いします。』            

 

 

 

後半につづく…