《The!Faithリアル vol.21》【(前半) 男の現場と戦う!建築施工支援業務で現場に認められた春美さんの日々の工夫と経験談】

2020.07.10

こんにちは

日頃より、フェイスネットワーク広報ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ジワっと人気のこの企画《The!Faithリアル》

 

【フェイスネットワークで働く人の“Work-Lifestyle(働き方・生き方)”】を通して、フェイスネットワークが展開する事業やサービスを垣間見ることが出来る、社員参加型リアルボイスお届け企画です。

 

第21回目の今日は、建築二部の春美さんにフォーカス!

【(前半) 男の現場と戦う!建築施工支援業務で現場に認められた春美さんの日々の工夫と経験談】をお送りしていきます。

————————————————————————————————-

◆過去記事◆《The!Faithリアル》

Vol.01 【中村×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.02 【中村さんが担当している“投資webメディア”運営の裏側!?】はコチラ

Vol.03 【未来につながる新コンテンツ「hitocolor (ヒトカラー)」OPEN】はコチラ

Vol.04 【(前半) 野中×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.05 【(後半) 野中さんの「好き」と「得意」を活かした仕事術】はコチラ

Vol.06 【(前半) 村田×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.07 【(後半) 村田さん独自の『仮想空間×眺望妄想設計術』について】はコチラ

Vol.08 【(前半) 金井×フェイスネットワークについて】はコチラ 

Vol.09 【(後半)金井さんの知られざる“特技”と、他社とは異なる賃貸営業の裏側!?】はコチラ

vol.10 【(特別続編)金井さんが今後“3区miraie”としてやってみたいこと&特に愛着がある物件はコレです!?】はコチラ

vol.11 【(前半) 鈴木×GrandStoryグランストーリー】はコチラ

vol.12 【(後半)鈴木さんの“ON/OFFの楽しみ方”】はコチラ

特別編 【社員食堂:毎日150円で食べられる!?~管理栄養士考案のバランスの良いランチ~】はコチラ  

vol.13 【(前半)木村さんと日本茶スタンドカフェ八屋の出会い】はコチラ

vol.14 【(後半)木村さんの「好き」や「特技」を活かした働き方】はコチラ

vol.15 【(前半) ひと癖ある敷地に挑み続ける!一級建築士小野田と“作品賞”x2はコチラ

vol.16 【(後半)小野田×フェイスネットワークについて】はコチラ

vol.17 【(前半) これぞ新卒の鏡!?賃貸3年生 矢野さん】はコチラ

vol.18 【(後半) 矢野×フェイスネットワーク】はコチラ 

vol.19 【(前半) “利き酒“と”暗算“が得意!?現場監督1本の松井さん道】はコチラ

vol.20 【(後半) 松井×フェイスネットワーク】はコチラ 

————————————————————————————————-

 

では今日の本題

【(前半) 男の現場と戦う!建築施工支援業務で現場に認められた春美さんの日々の工夫と経験談】について

 

—–フェイスネットワークスタッフ09:プロフィール—————————–

◆名前:春美(はるみ) 

似顔絵_春美さん    

◆所属部署:建築二部

◆社歴:5年

◆担当している仕事:建築施工支援業務

◆好きな○○:美味しいご飯とお酒、建築、動物、本や遊園地

◆特技な○○:その人が好きそうなクラフトビールを選ぶこと

 

 

—-インタビュー———————————————————————-

◇広報

「春美さんお疲れさまです。最近は、建設現場でも女性の活躍が増えている!?ということで、常に現場と共に仕事をしている春美さんに、今日はたっぷり!現場のリアルな声をインタビューしていきたいと思います。よろしくお願いします。」

◆春美

『よろしくお願いします。』

 

◇広報

「では、早速ですが春美さん、フェイスネットワーク歴はどのぐらいですか?」

◆春美

『2015年入社なので5年です。6年目がスタートしたところです。』

 

◇広報

「では、フェイスネットワークに入社するまでの仕事歴を、簡単に教えてください。」

◆春美

『はい、前職は、今の業務のなかでも仮設計画に特化していた事務所でした。様々なゼネコンさんからお仕事いただいて作図したり、営業したりしました。意匠系出身という事もあってデザイナーズ物件を施工するゼネコンさんの担当が多かったです。

私の場合、学生時代が普通の人より少し長かったので、今しかやれないと思って色々なアルバイトもしました。コンビニ店員、設計事務所、試験監督、CDジャケットやポスター作成、たこ焼き屋さん、特に、遊園地のお姉さんはやってよかったなと今でも感じます。お化け役やマイクアナウンスをしたり、遊具の運転なんかもやりました。今でも遊園地のスタッフとは遊びに行ったりするぐらい仲がいいです。』  

似顔絵_春美さん

 

◇広報

「なるほど。今のお話の中で聞きたいことが山ほどあるのですが、特にやってよかったと感じている遊園地で働いている春美さんはすごくイメージができますね!春美さんのお化け役は本当に迫力ありそうです…“今しかやれない事を今やる“という生き方が素晴らしいですね!」

◆春美

『はい、とてもいい経験でした。』

 

 

◇広報

「では、そんな風に色々な経験をしてきた春美さんですが、フェイスネットワークに入社した理由は何ですか?」

◆春美

学生時代は意匠設計一本で生きていきたいと思い、専攻もすべて意匠系でしたが、就職活動をするときに意匠設計もしたいけれども、元々モノづくりが好きだったこともあり、いかにその意匠(理想)が実際の建物(現実)になるのかという事に興味を持ちはじめて前社に就職し、経験を積むことができました。

フェイスネットワークは私にとって2社目ですが、単なる「ゼネコン」という枠にとらわれず様々な意見を集約して一つの建物を作る事を主にしており(ワンストップサービス)、いかに理想と現実を近づけられるのかというところで自身の力を活かせるのではないかと思い入社しました。』

ワンストップサービス

*当社の強みであるワンストップサービス

 

◇広報

「まさに私たちフェイスネットワークはワンストップサービスなので、春美さんが言う意匠(理想)が実際の建物(現実)になる様を間近に感じられる事業ですよね。その中で春美さんは具体的にどんなお仕事を担当されていますか?」

 

◆春美

『業務内容は肩書の内容に囚われず多岐に渡ります。

まず、新規物件について見積もり段階から過去の実績を基に施工計画の立案、提案を行っています。

それに伴う施工計画図の作成、構造計算、技術提供の他、安全衛生や事故事例の収集、新製品など施工に係る情報収集や周知を行います。

また、新しいプロジェクトが始まる際に、各関係行政庁やインフラ各社と事前協議をしたり、申請を代行し、スムーズに現場が始められるよう工事車両乗り入れができる工事の手配、管理を行ったり、本体工事の着工、完了時の現場での調査、確認及び立ち合い…建築施工支援業務が主な仕事ですかね。』

GD高円寺5_図面*春美さんの仕事のヒトコマ:図面)GranDuo高円寺5 歩道切下 工事前(左)・後(右)*

 GD高円寺5_図面*春美さんの仕事のヒトコマ:写真)GranDuo高円寺5 歩道切下 工事前(左)・後(右)*

 

◇広報

「なるほど、では、そんな風に多岐に渡る仕事の中で、春美さんの仕事へのこだわりがあれば教えてください。」

 

◆春美

『私の仕事へのこだわりは、特に特別な事をしているつもりはないですが、なるべく人の好き嫌いをつくらないようにしたり、どんな業務の人にも一定のリスペクトを持って業務をするようにします。

私は好き嫌いをすぐ作ったり、感情が直ぐ顔にでてしまう人間なんで、自戒もこめて…。好き嫌いで仕事をすると“この人は嫌いだから適当でいいや“とか、”この人は優しいからこのぐらいでいいか”みたいな“おごり”ができてしまう気がして、純粋に仕事を進めることができなくなってしまいそうな気がして…そこは職人気質なのかもしれません。

“このくらいの仕事誰だってできるのに“と他人を貶して仕事をするより、“この人がこのクオリティで仕上げくれてるから私も仕事できるのでありがたい!“と思って仕事をした方がモチベーションがあがるな、と。

もちろん!人間なので100%そんな気持ちでできる訳もないんですけど。忘れていたら思い出すようにしています。』

 

◇広報

「いつも、誰に対してもフラットに接している春美さんのスタイルは、こういったこだわりからくるものだったのですね。納得です。仕事も生き方も人間関係も、固定観念の自分のブロックにできるだけ気づいて、いかに外していくかが重要ですね。」

使用_加工_引照点写真*春美さんの仕事のヒトコマ:引照点の写真*

 

◇広報

「そんな風に気配り上手な春美さんが現場で仕事をする上で、日頃感じている“本音”を今日はお聞きしたいのですが…女性は働きづらい!?と言われてきた建設・建築業界(現場)ですが、当社のように最近は女性の活躍も増えていると感じています。リアルなところ、ぶっちゃけどうですか?」

◆春美

現場に行くと、設計担当以外で女性が来ることがほぼ無いので、一般の通行の人や事務員と間違えられる事もありましたし、女性が技術を語るなと言われ悔しい思いをしたことも多々ありました。

それでもめげずに何度も現場に通い、監督さんだけではなく業者さんともフィードバックした意見を集約して次に活かすことで、徐々に認められてきたな、と思う事があります。

また、どうしても建設現場では“納期”というものが発生してしまいます。

現場の進行と行政やインフラの都合に納期を合わせなければならないので、スケジュール管理がとても難しく試行錯誤の連続ですが、同時にやりがいを感じられる部分でもあります。

当社は約半数が女性スタッフですが、まだまだ現場では肩身が狭い思いもたくさん経験しているので、メディア等で”建設業界の女性活躍に関する特集”が組まれるのを目にすると、とても嬉しく思います。』

★使用_上馬道路*春美さんの仕事のヒトコマ:GranDuo上馬着工前後の道路写真。色合わせも大切な仕事のひとつ(右)*

 

◇広報

「春美さん、現場で感じているリアルなお話、本当にありがとうございます。“女性が技術を語るなと言われ悔しい経験をした”とありますが、やはり昔ながらと言いますか、イメージ通りの現場の姿も未だにあるんですね。ただそこでめげずに、春美さんが心がけている人との接し方など工夫と経験重ねることで、“女性”という軸ではなく、1人の“プロ”として現場に認められてきていることが実感できるのはとても嬉しいですね!」

 

◆春美

『はい!』

 

◇広報

「色々と現場のリアルなお話ありがとうございます。今回の前半では、春美さんが担当している仕事内容や、建築施工業務支援で現場に認められるための春美さんの工夫と経験談についてお聞きしてきました。次回、後半では、そんな春美さんが感じるフェイスネットワークの魅力について深堀していきたいと思います。」

 

 

◆春美

『よろしくお願いします。』

 

◇広報

「今日はありがとうございました!午後も春美smileで現場いってらっしゃい!」

 

◆春美

『はい!』  

似顔絵_春美さん

 

後半につづく…