《The!Faithリアル vol.13》【(前半)木村さんと日本茶スタンドカフェ「八屋」の出会い】

2019.08.16

こんにちは

日頃より、フェイスネットワーク広報ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

ジワっと人気沸騰中のこの企画 《The!Faithリアル》

【フェイスネットワークで働く人の“Work-Lifestyle(働き方・生き方)”】を通して、

フェイスネットワークが展開する事業やサービスを垣間見ることが出来る、社員参加型リアルをお届けしています。

 

第13回目の今日は、広報企画部 木村さんにフォーカス!

【(前半)木村さんと日本茶スタンドカフェ「八屋」の出会い】をお送りしていきます。

 

————————————————————————————————-

◆過去記事◆《The!Faithリアル》

Vol.01 【中村×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.02 【中村さんが担当している“投資webメディア”運営の裏側!?】はコチラ

Vol.03 【未来につながる新コンテンツ「hitocolor (ヒトカラー)」OPEN】はコチラ

Vol.04 【(前半) 野中×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.05 【(後半) 野中さんの「好き」と「得意」を活かした仕事術】はコチラ

Vol.06 【(前半) 村田×フェイスネットワークについて】はコチラ

Vol.07 【(後半) 村田さん独自の『仮想空間×眺望妄想設計術』について】はコチラ

Vol.08 【(前半) 金井×フェイスネットワークについて】はコチラ 

Vol.09 【(後半)金井さんの知られざる“特技”と、他社とは異なる賃貸営業の裏側!?】はコチラ

vol.10 【(特別続編)金井さんが今後“3区miraie”としてやってみたいこと&特に愛着がある物件はコレです!?】はコチラ

vol.11 【(前半) 鈴木×GrandStoryグランストーリー】はコチラ

vol.12 【(後半)鈴木さんの“ON/OFFの楽しみ方”】はコチラ

————————————————————————————————-

 

 

では早速、今日の本題

【(前半)木村さんと日本茶スタンドカフェ「八屋」の出会い】について

 

—–フェイスネットワークスタッフ06:プロフィール———————————–

◆名前:木村(きむら)   

八屋_木村くん

◆所属部署:広報企画部

◆社歴:1年1か月

◆担当している仕事:日本茶スタンドカフェ「八屋」の店舗マネジメント

(接客・品質管理・在庫管理・アルバイト教育・企画・商品開発)

◆好きな〇〇:Café巡り、かき氷、料理

◆特技:シロップ作り、ラテアート

 

—-インタビュー———————————————————————-

◇広報

「木村さんお疲れ様です。同じ広報企画部に所属していますが、なかなか木村さんの仕事柄本社にいることが少ないので、社員でもあまり話したことがない人が多いのではないでしょうか。

そんな木村さんだからこそ、今日はたっぷり!そしてじっくりお話をお聞きして、魅力を伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。」

 

◆木村

『この機会にぜひ、僕のことも、そして僕がマネジメントしている“八屋”のこともしっかり伝えていければ嬉しいです。よろしくお願いします。』

八屋

 

◇広報

「では早速ですが木村さん、フェイスネットワークではどんなお仕事を担当していますか?」

 

◆木村

『はい、僕はフェイスネットワークが運営している日本茶スタンドカフェ“八屋(※以下 八屋)”店舗マネジメントを担当しています。』

 

◇広報

「今日はせっかくなので、八屋をはじめて知る方のためにも、より詳しくお聞きしていきますね。まず、八屋とは、どんなお店ですか?」

 

◆木村

『そうですね、八屋は、現代における日本茶の新しい楽しみ方を提案する日本茶スタンドカフェで、2017年12月にOPENしました。店舗は千駄ヶ谷店代官山店があり、僕は両方の店舗をマネジメントしています。』

 

◇広報

「千駄ヶ谷店は本社から徒歩5分程度の場所にあるので、私も広報としてメディアの撮影や取材でよくお邪魔していますね。

では、木村さん、2店舗それぞれの特徴を教えてください。」

*八屋千駄ヶ谷店*

 

◆木村

『はい、千駄ヶ谷店波柄の壁紙が特徴で、店内にもカウンター客席が4席ほどあり、この時期ですとちょっと涼みに立ち寄ってくださるお客様も多いですね。

一方、代官山店は松柄の壁紙が特徴で、店内は約4坪と非常にコンパクトではあるものの、無形文化財である鎚起銅器を扱う“玉川堂”の急須や、手作り茶筒の老舗“開化堂“の真鍮製茶筒に合わせた真鍮カウンター、入口の格子扉が特徴です。両店共に日本らしい店構えになっています。』

代官山

*八屋代官山店*

 

◇広報

風になびく暖簾など、2店舗共に“和”を意識した粋な世界観が八屋らしいですよね。

先日、“商店建築6月号”に掲載された代官山店の真鍮カウンターの写真は圧巻でした(詳しくは誌面をご覧ください)。

そしてなんと言っても八屋の象徴ともいえるのがオリジナル柄の和紙壁紙ですよね。壁紙の前で商品写真を上手に撮ってインスタグラム(※以下 インスタ)にアップしてくださるお客様がたくさんいらっしゃって、その写真をメディアの方が見て撮影や取材につながるケースも多々あり、広報としては本当に嬉しい限りです!」

 

◆木村

『特に代官山店は、“インスタを見てきました”というお客様が日本各地、ましてや世界中から来店してくださっていて。先日はインスタを見て北海道から“黒胡麻玄米スムージーを飲むために東京、そして八屋にお越しいただいた方がいて、SNSの影響力の凄さと遠方から足を運んでくださるありがたみを感じました。』

八屋インスタ

八屋公式インスタグラム:ぜひフォローお願いします*

 

◇広報

「それは本当にありがたいですね。ちなみに、千駄ヶ谷店と代官山店で客層や人気メニューに違いはありますか?」

 

◆木村

『それが、おもしろいぐらい違うんですよ。千駄ヶ谷店は平日のみの営業なので、客層はどちらかというと近所にお住まいの方、近隣に通勤・通学されている方が多いですね。

人気メニューは果実炭酸冷茶ほうじ茶ラテほうじ茶スムージーです。また、甘味では千駄ヶ谷店限定の“かき氷”や、“白ばたー餡ぱんも人気です。』

果実炭酸、ほうじ茶ラテ、ほうじ茶スムージー

*写真左から 果実炭酸冷茶ほうじ茶ラテほうじ茶スムージー

煎茶かき氷、あんぱん

*写真左:煎茶エスプーマのかき氷 写真右:白ばたー餡ぱん

 

◇広報

「では、代官山店はどうですか?」

 

◆木村

代官山店は土日祝も営業しているので、近所の方はもちろん、インスタや過去に八屋が取材されたTVや雑誌を見て遠方から来て下さる方も多いです。お店の立地が恵比寿と代官山の間辺りなので、わざわざ足を運んでくださるのが本当に嬉しいですね。

人気メニューはダントツで“黒胡麻玄米スムージー”です。』

 

◇広報

「インスタには現在7,000件以上の“#(ハッシュタグ)八屋”の投稿があって、その多くを占める投稿が“黒胡麻玄米スムージー“ですよね。人気の秘訣はなんでしょうか?」 

黒胡麻玄米スムージー*インスタで大人気!:黒胡麻玄米スムージー

◆木村

『“黒胡麻玄米スムージー“は、濃厚な胡麻白あんで和えた、和の上品な甘さを感じられるスムージーです。玄米フレークのサクサクとした食感が楽しく、上にはホイップと黒蜜がトッピングされていて、パフェのような満足感を味わえます。胡麻好きな方に是非試していただきたいですね。」

 

◇広報

「さすが、木村さんの説明はいつもわかりやすく、イメージがつき、つい試してみたくなります。

八屋の店舗マネジメント(接客・品質管理・在庫管理・アルバイト教育・企画・商品開発)を担当している木村さんですが、日頃どんな想いで仕事をしていますか?」

 

◆木村

『日頃どんな想いで…まずは、自分自身が楽しく仕事ができるよう、八屋のファンでいられるよう常に現状のさらにその先を目指すようにしています。』

 

広報

「おっと、早速木村さんの深イイ話がはじまりましたね!まずは“自分が楽しくファンでいること”は忘れがちですが、とても大切なことですね。では、現状のさらにその先を目指す木村さんが日頃仕事をするうえで大変なことは何ですか?」

 

◆木村

『大変なこと…飲食経営が未経験の会社なので、今までの飲食業界の常識が通じない場面も多々あり物事がスムーズに進まない点ですかね。それが楽しさでもありますが。』

 

◇広報

「木村さんは確か、八屋で働く前は人気コーヒー専門店のバリスタでしたよね。

私たちフェイスネットワークは不動産会社なので、飲食業界はもちろん初めてなわけですが、木村さんのように飲食業界の経験値があるスタッフ×異業界ならではの発想で、八屋の今後の成長が楽しみですね。

では、なぜ、木村さんは八屋で働こうと思ったのですか?」

 

◆木村

『友人が岐阜の東白川村でお茶に携わる仕事を始めた影響もあり、日本茶に対して興味を持ち始めていた時期に、たまたま雑誌“ELLEグルメ”で八屋の記事を目にし、実際に足を運んで外観・内装に惹かれたからです。(もちろん日本茶も美味しかった!)』

 

◇広報

「なるほど、それが木村さんと八屋との出会いだったわけですね。取材された記事を見てお客様が来店されるのは広報としてとても嬉しいことですが、実際に入社して店舗マネジメントまでしてしまう木村さんの行動力も素晴らしいですね!」

 

◆木村
『照れます…ね。』

木村笑顔_千駄ヶ谷

*いつも笑顔な木村さん*

 

◇広報

「では、そんな木村さんは八屋で働く中でどんなときが嬉しいですか?

 

◆木村

自分の淹れたお茶・開発した商品を飲んで、お客様が笑顔になっていただける瞬間がやっぱり嬉しいですね。』

 

◇広報

「では今後、八屋としてやってみたいことはありますか?」

 

◆木村

『少し前に目標に掲げていた、日本茶を使ったお酒を提供する八屋Barは、みんなに協力してもらいながら7月に2日間限定で実現できました。また、マルシェなどに出店して普段とは違う客層のお客様にも八屋を知っていただくような挑戦できました。(5月に開催された東京蚤の市に初出店)

今後は、異業種の方々とコラボをして、自社だけでは出来ないモノや体験を生み出していきたいです。他にも、日本全国のお茶を月替わりで提供したり、和洋折衷なお手軽フードも販売したいです。あとは…とにかくやってみたいことが多すぎて、ここでは伝えきれないです(笑)』

 

◇みどり
「木村くん、これからも一緒にチャレンジしていきましょう!」

 広報企画部_みどりさん②

 

◇広報

「急に!八屋運営責任者のみどりさんも応援に駆けつけてくれましたね。

ではこの続きは【後半(8月23日UP予定)】で、より木村さん自身のことについても触れていきたいと思います。木村さん、今日はありがとうございました。」

 

◆木村

『こちらこそ、ありがとうございました!これを読んでくださっているあなたもぜひ、八屋に日本茶を飲み来てくださいね。お待ちしております。』

 

八屋

<店舗情報>

日本茶スタンドカフェ「八屋」:http://8ya.jp/ 

公式インスタグラム:【@hachiya_teastand】https://www.instagram.com/hachiya_teastand/

 

・千駄ヶ谷店

住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷4-1-8

TEL:03-6368-6647

OPEN / 9:00 – 19:00(LO:18:45)

CLOSED / 土日祝日(夏季冬季休暇あり)

 

・代官山店

住所:渋谷区恵比寿西1-16-9

TEL:03-6368-4423

OPEN / 9:00 – 19:00(LO:18:45)

CLOSED / 定休日なし(冬季休暇あり)