新入社員にインタビュー!入社8か月後の様子をご紹介!

2020.12.18

こんにちは

日頃より、フェイスネットワーク広報ブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。

 

皆様は今年一年どんな年になりましたでしょうか。

今年は常にコロナの話題が付きまとい、決して明るいことばかりではなかったかと思います…。

私たちの暮らしの面でも様々な変化がありましたが、フェイスネットワークでは、新しい一年に向けて着々と準備を進めております。

そして、今年を明るく締めくくれるよう引き続き、社員一同がんばっていきたいと思います!

 

さて、今回の広報ブログでは、今年の4月より弊社の新しい仲間となった新入社員の方々からお話をお伺いしたので、お伝えしていきたいと思います!

今年度は入社前からコロナのニュースが相次ぎ、無事に入社を迎えることができるのか不安だったという新入社員の声もありました。弊社では新しい人生を歩み始める新入社員の方々を明るく迎え入れるために、例年より規模を縮小して、4月に入社式を行いました。

(入社式の蜂谷社長あいさつの様子)

この時から約8か月の時が経とうとしていますが、入社してからこれまでを振り返ってどんな経験をしたのか新入社員の方々に教えてもらいました!

Q.入社後にまず、初めに行った業務は何でしたか?

A.入社後はすぐに新人研修がありました。研修ではお辞儀の仕方から上司への報告の仕方、名刺交換の仕方など、社会人として基本的なマナーについて勉強をしました。また、研修ではグループワークが多かったこともあり、同期の人達とはすぐに打ち解けることができました。そのあと、それぞれが各部署へ配属になり、現在に至るまで本格的な業務を先輩方から教えていただいています。

 

Q.仕事をしていく中で、コロナによってご自身の業務にどんな影響がありましたか?

A.部署に配属後すぐに政府から緊急事態宣言があり、テレワークで業務を教えていただく形になりました。当初は直接業務を教えていただけないことに不安もありましたが、時間に余裕が生まれた分、当社についてじっくり勉強することができる良い機会になったと思います。また、指導に当たってくださっている先輩方もコロナによって、これまでになかった対応を強いられることが多かったと思いますが、それでもきちんとコミュニケーションやフォローをしてくださったので、ありがたかったです。

 

Q.入社1年目から見たフェイスネットワークは、どんな会社ですか?

A.チャレンジ精神をすごく大事にしてくれる会社だと思います!フェイスネットワークでは20代、30代の若手社員もベテランと肩を並べて活躍していて、入社1年目でもどんどん仕事を任せてもらえます。もちろん最初は、先輩に教えてもらいながらですが、自分の意見を話したりする機会もたくさんあるので、自分の成長につながるチャンスに満ちた会社だと思います。また、今は社内イベントや会食などがなかなかできない状況ではありますが、本来は社内イベントも積極的に行っている会社なので、部署をまたいでの交流が多く、いろんなお話が聞けるので勉強になります。

 

フェイスネットワークでは、土地の仕入れ・設計・建設・賃貸募集・物件管理・一棟販売に至るまで、全てを一括して管理するワンストップサービスを提案しています。

そのため、それぞれの部署での業務内容が全く異なるので、色々な職種についても知ることができる会社です。

*フェイスネットワークの強み:ワンストップサービス

*採用サイトはコチラ

今回の広報ブログでは特に施工管理の方から詳しくお話を聞くことができたのでご紹介させていただきます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*施工管理の仕事とは

建築に関わる工事の工程管理や安全管理、品質管理などを行う仕事で、建築に必要な資材発注者との打ち合わせや現場管理などの監督業務が主な業務です。

施工管理は、建物を形にしていく職人さんたちとのパイプ役になり、それぞれが気持ちよく仕事ができるように環境を整えていくのも大切な仕事の一つです。

専門性の高い仕事ではありますが、その分、建物が出来上がった時の達成感や満足感も味わえる仕事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

入社1年目の施工管理の方から、一日の仕事の流れについて教えていただきました!

*画像クリックで拡大表示*

上記の資料を見るとやはり危険を伴う現場だからこそ、巡回や確認作業、工程についての打ち合わせが多いことが分かります。また、資料作成などのデスクワークなどが意外にも多いことが分かりました!

 

次に、フェイスネットワークの施工管理の仕事についてご質問をさせていただきました!

Q.フェイスネットワークの建築現場の雰囲気について教えてください。

A.弊社の建築現場はとても活気があり、仕事の役割分担もしっかりとできているので物件の竣工まで良い空気感で業務に取り組めると思います。また、休憩時間などでは和気あいあいとした空気が流れているので、スイッチの切り替えがきちんとできている環境だと思います。先日、担当させていただいた現場では各協力業者の方々とも良い距離感で工程などについて打ち合わせすることができました。

(施工管理の現場事務所の様子)

Q.入社1年目として仕事をしていく中で、コロナによってご自身の業務にどんな影響があったか教えてください。

A.予定されていた研修内容が変更になったことで、現場配属までの期間が予定通り進まなかった影響は大きかったと思います。また、今はマスクをつけての作業や検温、手指の消毒が必須になり、それに伴って夏場などは熱中症などの二次災害にも気を配らないといけなかったので大変でしたが、現場には消毒液が設置されているので、コロナ対策の面では安心感があります。

 

Q.入社後、ご自身が特に頑張ったこと・努力したことを教えてください。

A. 実際現場に出ると本当にわからないことばかりで現場に慣れるまで苦労しましたが、わからないことを調べたり聞いたりして、基礎知識を1つずつ身に付けられるように取り組みました。また、今後は少しずつ知識を深めて、現場で職人さん達と円滑なコミュニケーションが取れるように努力し続けていきたいです。

(施工管理担当者の事務作業中の様子)

ここまで、4月に入社された新入社員の方々の様子をお伝えしてきまして来ましたが、いかがでしたでしょうか。

コロナによって様々な影響があったようですが、先輩社員に支えられながら頑張っているようでした。

また、10月には2021年度の内定式も行われ、先輩になる日も近づいています。

さらなる成長を遂げて、今後のフェイスネットワークを盛り上げて行ってほしいと思います!

 

今後も広報ブログでは、当社で働く方々にフォーカスした記事を取り上げていきたいと思います!