不動産価値を高める城南3区内の東急線ブランド

閑静な住宅地を走る東急線。沿線エリアの都市開発を行うなど、常にブランド力を高めています。世田谷区・目黒区・渋谷区で構成される城南3区内においても、渋谷にはじまり、代官山、中目黒、自由が丘、三軒茶屋、二子玉川など東急沿線上に全国的にも高い知名度と人気を誇る街が多数存在します。


人気の街が多い城南3区の東急沿線

季節ごとのイベントが多く、都心に通勤しやすい東急線沿線は投資物件としての価値も非常に高いことが特徴。城南3区で不動産投資を支援する「フェイスネットワーク」でも東急沿線上の物件をおすすめしています。

城南3区内に東急系列の路線が5路線

人気の街をつなぎ、洗練された路線イメージがある東急線は、ファミリー層、独身層など年齢や性別問わず絶大な人気を誇ります。特に世田谷区・目黒区・渋谷区の城南3区には多くの路線が網の目のように走っており、東急系列の路線は全部で5路線あります。東横線、田園都市線、大井町線、目黒線、世田谷線と、どの路線も土地のブランド価値が高いことに加え、都心部へのアクセスもしやすい点が特徴です。そのため、賃貸用住宅において多くの需要が見込め、ワンルームマンションの不動産投資に最適な環境だと言えます。

各路線にそれぞれ土地柄の魅力が溢れています。落ち着いた雰囲気の漂う閑静な住宅街を走る大井町線は、始発の溝の口や神奈川県との境にある二子玉川駅を起点に、途中、上野毛や尾山台、自由が丘、緑ヶ丘などを経て、終点の大井町駅でJR京浜東北線やりんかい線への乗り換えが可能です。そのため、品川方面で働く方は大井町駅での乗り換え1回だけで通勤可能です。

目黒区と品川区の境界を走る目黒線は、神奈川県の日吉駅を起点に閑静な高級住宅地として有名な田園調布や奥沢、大岡山や武蔵小山を通って目黒駅までが路線範囲。その先は東京メトロ南北線と都営三田線に接続しており、赤坂見附や大手町方面といった都心へも乗り換えなしの直通で行くことができます。世田谷区を縦断する世田谷線は、東急線で唯一の路面電車です。若い世代を中心に人気のある三軒茶屋を起点に、終点の高井戸駅で京王線に接続しています。

圧倒的な人気を誇る東横線と田園都市線

上記で紹介した3路線ももちろん根強い人気を誇りますが、城南3区内を走る東急線の中でも圧倒的に人気が高く、路線別人気ランキングでも常に上位の常連なのが、東横線と田園都市線です。東急の看板路線である両路線は、ともに渋谷を起点としてそれぞれ横浜・川崎と神奈川方面へと向かいます。東横線は東京メトロ副都心線直通で新宿方面、田園都市線は東京メトロ半蔵門線直通で大手町方面へアクセス可能。利便性は群を抜いています。

また、沿線のブランド価値が非常に高い点も両路線の類似点です。東横線は、ハイセンスな街として多くの若者の憧れである代官山、お花見シーズンに多くの人が賑わう中目黒、マダムが集う洗練された地域である自由が丘など停車する駅のほとんどが“人気銘柄”。一方の田園都市線では、ディープな飲み屋街のある三軒茶屋や2011年の大型商業施設「rise」のオープン以来人気急上昇中の二子玉川が存在感を発揮。その他にも用賀、駒沢大学など魅力的な街並みが広がっています。

これらの街が魅力を醸し出していることで、東急沿線上のエリアの不動産価値は非常に高いと言えるでしょう。特に東急線が多く通っている当社のプロジェクトエリアである世田谷区・目黒区・渋谷区の城南3区は、ファミリー層だけでなく独身層からも絶大な人気を誇っているエリアが多く存在します。そのため、当社がおすすめするRC造の新築ワンルームの不動産投資においても、高い入居率が期待できます。

継続した高い入居率が期待できるエリア

人気が高い城南3区の東急沿線エリアですが、今後もその勢いは続くことが予想されます。そのため、不動産投資の観点で見ても非常に魅力的であり、継続して高い入居率が期待できるエリアなのです。オフィス街が集中する都心部に通いやすい立地にありながら、暮らしの利便性も兼ね備えており、今後も労働者人口は増加することが予想されます。若い世代が集う街ということは、その下の世代を呼ぶことにつながるので、将来的にも地域性の安定が見込めることでしょう。

また、城南3区の東急沿線上においては、「治安のよさ」も大きな強みとなります。1人暮らしの女性や上京して間もない大学生にとって、治安のよさは住まいを決める大きな要因となります。また、有名な進学校もエリア内に多く抱えているので、お子さんが生まれても暮らし続けることを希望される方が大半です。

東急沿線は、世代を問わず絶大な人気を誇っているだけに不動産投資においても狙い目のスポットであることは間違いありません。東急グループが二子玉川や渋谷など街開発に力を入れていることもあり、今後も人気が持続することが大いに予想されます。こうした情勢が沿線の魅力をさらに高めるのと同時に、属性の高い人を引き寄せています。それゆえに今後も高い入居率が期待でき、不動産投資においても収益を得られる可能性が高い地域だと言えるでしょう。