05

CROSS TALK

チャレンジ精神を大切にしてくれる会社

左から 佐々木、西尾、阪本、島袋

  • SCROLL

  • 入社のきっかけ、現在の仕事

    島袋就活中に出合った会社の中で面接のたびに好きになっていく会社だったので、内定をいただいてすぐに決めました。今は新築一棟マンションシリーズのグランデュオの設計に携わって、先輩のお手伝いとして、図面やパースを作っている段階です。

    西尾学生時代に建築設計を勉強し、志望は建築業界でした。何社か内定をいただきましたが、チャレンジ精神を大事にしてくれると聞いたので決めました。仕事は施工管理として現場に出ています。様々な技量のある職人さんと直接話し合えることは本当に勉強になります。

    阪本今は総務人事を担当しています。4年目の今、新入社員のころよりはかなり忙しくなっています。総務なので様々な部署の社員から仕事を直接頼まれます。社内で信頼されていることが実感でき、とてもありがたいですね。

    佐々木私も4年目で、主に修繕と改修工事を担当しています。島袋や西尾とは違い、建築と関係がない体育学科出身です。それでも今では直接他部署から仕事の依頼がくるようになりました。

  • 面接で話し合い配属を決定

    佐々木私は初回の面接で建築二部を勧めていただきました。素養がないので不安でしたが、話をしていくうちに挑戦してみようという気持ちにいつの間にか変わっていましたね。入社後は現場事務所から現場までダッシュとか、常に一生懸命でした。体力にも期待されていたみたいですね(笑)。

    西尾僕ははじめ別の部署を希望していましたが、高校も工業高校を卒業していて建設関連の資格を持っていたので、面接のときに今の部署を勧められました。入社後に配属発表ではなく、面接時に希望をもとに部署を話し合い、決めていくので安心ですね。

    島袋私は最初の面接から今の部署を希望していました。好きなことを仕事にしたいと思っていましたので、それが叶いました。ただ、学生時代にやっていた設計と、会社で業務として行う設計は違います。

    西尾僕も大学では設計を勉強していたので、設計に携わってみたいなあ。今は施工管理の仕事を通じて、図面を書くことと実際に建築して建物が出来上がっていくことは違うと学んでいます。学生のころには学べなかったいい経験をさせてもらっています。

  • SCROLL

  • リアルな情報交換で深まる親睦

    阪本社員同士の交流を深める目的の行事はよく行われています。総務としてもありきたりのイベントにならないように、企画の内容に気を配っています。

    西尾普段現場に出ていて他部署の人と交流の機会が少なくなりがちなので、イベントで他部署の先輩がたから声をかけていただけるのはありがたい。社内行事は貴重です。同期とは入社直後に研修があり、そこで仲良くなりましたが。

    阪本確かに社内で安心できるのは同期の存在。(同期の)佐々木くんはどうですか。

    佐々木もちろん!(笑)建築部門は現場の数だけ職場がありますからね。現場の情報網はすごいですよ。何もなくても連絡を取り合う。「今年は新卒が1人入る」とか、社員だけでなく現場の協力会社の人も知っています。一番情報や噂が飛び交うのは現場の休憩時間です。

    西尾ちょっとこわいですね(苦笑)。

  • 就活中の学生にメッセージを

    西尾新入社員の今の僕にできることは一つ一つの仕事を早く覚えることです。

    島袋私も同じです。3年後に担当物件が持てるようになるのが当面の目標です。早く一人前になって会社とその先のお客様に貢献していきたいと思います。

    阪本就活中の学生には、まずは希望の範囲を絞りすぎず、広い視野を持って社会を見渡してみてほしい。当社には、まず1回は来てみてください。できるだけ多くの学生さんと出会いたい。建築や不動産に興味がない人にも自分の興味関心を見直すきっかけになれば、採用の立場からは何よりうれしいです。

    佐々木今はまだ会社としても成長途上にあります。新入社員でも決まったルーティンをこなせばいいということはないので、自分の成長にもつながります。配属の希望も通りやすいし、入社後に所属部署を選択し直すこともできます。

    西尾たしかに、成長できる環境ですよね。チャレンジ精神を大切にしてくれる会社で、もし失敗したとしても上司からフォローしてもらえます。新しいことに挑戦したい人にはおすすめの環境だと思います!