グランデュオ二子多摩川|新築工事

2019.05.17

最近は少しずつ暖かくなってきて夏に向かっている感じがしますね!今回はグランディオ二子多摩川の近くに設置してある記念碑について紹介したいと思います。

二子神社の境内にあるこの空に向かって聳え立つ記念碑は、昭和37年(1962)11月に建てられました。

「誇り」と名付けられているこの岡本かの子文学碑は、息子であり芸術家の岡本太郎が制作したそうです。母を誇りに思いながら作ったのでしょうか?

またこの記念碑の築山風台座を設計したのは、建築家丹下健三だそうです。

                

記念碑の横に置かれているこの歌碑の撰文は亀井勝一郎が行い、書は川端宇康成が作成したそうです。多くの人が力を合わせてこの記念碑を制作したことを踏まえて見てみるとまた違った見方を楽しめるかもしれませんね。

最後にもう一つ、岡本かの子文学碑は川崎市多摩区にある岡本太郎美術館内の「母の塔」と向かい合うように設計されているそうです。母を象徴した2つの作品が、離れていても向き合うことで一つの作品になっているような気がしますね。

ぜひ近くに立ち寄った際は見に行ってみてくださいね。

 

 


最新記事

注目記事

物件名

年別