グランデュオ東中野2|基礎配筋検査

2018.12.05

基礎配筋検査を行いました。

前回のブログ写真で捨てコンに墨を出したところまで報告しました。

捨てコンに出した墨に沿って基礎梁の鉄筋を配置しました。

配筋検査は、構造設計図書通りに鉄筋が配筋されているかを、監理者がチェックする検査です。

手前にいるのが監理者です。

構造設計図を基に作成した施工図を広げ細かくチェックをしています。

 

 

この建物は住宅瑕疵担保保険に加入していますので、保険会社の配筋検査も行いました。

瑕疵担保保険会社の検査員は、専門の知識を持った有資格者が検査を行います。

鉄筋のかぶり厚さ、定着長さ等隅々にわたり確認をしました。

 

無事検査が終わりました。

これから、次の工程に進みます。

 


最新記事

注目記事

物件名

年別