ARCHITECTURAL REPORT

設計レポ

グランデュオ用賀2|地盤改良

2018.04.24

本日から改良杭を打ちます。 大きなドリルで穴をあけ、そこに改良剤を入れて建物を支える杭を造っていきます。 人間が入ってしまうくらいの穴をあけるドリルは全長10メートルほどの長さで、 専用の機械によりどんどん掘り進めています。 上記の写真の中に見られを合板は、水位より下がった位置は水分量が多く、ドリルを引き抜いたときにドリルに付いた泥水が落ちて、廻りにはねないように、立てて使っています。   地盤調査で得られたデータにより所定の深さまで到達したかをチェック しながら掘り進めているところです。 こうして1本あたり1時間位かかる改良杭を60本ほど造っていきます。 GW明けから次の工程に入れますようにみなさん頑張ってください。

最新記事

注目記事

物件名

年別